ブログトップ

straymoon.exblog.jp

あなたがそう思うのなら もうそれでいいです

2015.5.23 マリナート

 地元オーケストラのコンサートを聴きに行った。
 演目はすべてモーツァルト作曲で、「皇帝ティートの慈悲」序曲(K.621)、ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調(K.219)、交響曲第41番ハ長調(K.551)であった。
 こんなことを書いているが、私はクラシックのことはさっぱりわからない。
 いや、他のジャンルの音楽のこともよくわかっていないのだが、とりわけクラシックについては聴き始めたばかりのド素人である。
 上記曲名も、パンフレットからのほぼ丸写しである。
 したがって、客演ヴァイオリン奏者のアンコールソロで演奏された曲や、最後のアンコール曲についてはタイトルがわからない。
 しかし、そんなド素人でも、はっきり「これは頭抜けている、素晴らしい」と感じることのできる演奏と音を聴くことができた。
 客演のチャン・ユジンである。

 2曲目のヴァイオリン協奏曲で登場したチャン・ユジン。
 演奏を始めた途端に、その音の素晴らしさに目を見張らされる。
 普段聴きなれているヴァイオリンの音とは明らかに別物の音だ。
 高域から低域まで、倍音も含めて様々な音成分が含まれているのがわかるが、それらが喧嘩することなくまとまって、瑞々しく華やかできらびやかでありながら、決して耳障りということはなく、それどころか艶やかでしっとりとした落ち着きのようなものさえ感じさせられる。
 こういう音をなんといって表せばいいのかわからないが、私は「豊麗」という言葉が思い浮かんだ。
 なんとも語彙がなくて情けないが、とにかく「豊かな音」であったのは間違いない。

 彼女が使っているヴァイオリンは、ストラディバリの「レインヴィル」である。
 ストラディバリといえば、よく1億円以上する楽器としてテレビなどでも紹介されるが、テレビで聴くのと生で聴くのとでは大違いだ。
 テレビで安物のヴァイオリンとの音の違いを聴き比べるような企画でも、安物とは歴然と違うことはわかるのだが、オーケストラの中で、他の演奏者たちの音と混ざっても、はっきりと違うのがわかるのである。
 オーケストラの人たちのヴァイオリンだって、決して安物というわけではないはずで、下手をすると家が買えてしまうほどの値段のものの可能性もある。
 それを差し引いてなお、別格といってもいい違いが感じられるのである。
 「主役」として、演奏のニュアンスを他のヴァイオリン奏者と変えているために際立って聴こえるということもあるのだろうから、一概に楽器の違いだけで論じることはできないにしても、同じヴァイオリンという楽器でありながら、どうしてここまで音の違いとして表れるのだろうか?まったく不思議でならない。

 楽器そのものの違いもさることながら、チャン・ユジンの演奏も圧巻だった。
 アンコールでのソロ演奏では、何をどうすればあんな音が出るのか?そして、一体どんな練習をすればあんな演奏ができるようになるのか?ほとんど魔法を見せられているような感覚だった。
 オーケストラのメンバーに知り合いがいるので、終演後に話をしたのだが、チャン・ユジンについては「もう別格だから」ということだった。
 オーケストラに入るだけでも相当な腕前が必要で、並大抵でない研鑽が必要なはずだが、それを経てきている人から見ても(だからこそなのか)別格だということだ。

 私の持論のひとつに、「努力した凡才は努力していない天才に勝てることはあるかもしれないが、努力した天才には絶対に勝つことはできない」というものがある。
 世の中には「努力すれば必ずみんな同じようにできるようになる」だとか「世の中に天才などいない」などという無責任なことをのたまう者が多いが、そういうことは現実をよく見ていれば絶対に言えなくなるはずである。
 「天才と言われる人だって努力したからあんなふうになれたんだ」というようなこともよく聞くが、天才の天才たるゆえんは、凡人が死ぬほど努力してやっと成し遂げられるレベルなど、努力なしに軽く超越したうえで、凡人など考えも及ばぬ別次元の努力の末に、天才と言われるところまで登りつめるところにある。
 凡人では「あんなふうになれ」ることは絶対にない。

 チャン・ユジンは音楽家としては(特に女性では)珍しく生年をプロフィールに載せている。
 それによればまだ年齢は25歳。これからもっと経験を積んで、さらに高みに昇ってゆくことだろう。

 ところで、演奏終了後の「ブラボー!」だが、演奏終了直後に言うのはどうにもこうにもなんともかんとも……
 「ブラボー!」と言う「お約束」になっているから、演奏終了を待ち構えて待ち構えて、「今だ!」とばかりに言っているように私は感じるのだが、考えすぎだろうか。
[PR]
by tima-formosa | 2015-05-25 04:15

by tima-formosa